• MadokaOshikane

テキスタイルノート📓


石鹸のアルカリ成分でセリシンや不純物を落としつつ、 水温を少しづつ下げた槽に移し替えながら丁寧にゆすぎ、洗剤もきれいに落としていき、そして35℃~40℃の水でしっかり手洗いして仕上げるそうです。こんなに丁寧に扱ってもらえるなんて本当にうれしくて感動的でした。シルクはもちろんウールも程よく解撚してふんわり仕上がっています。どんなに机上で考えても、やはり現場のパワーに支えられて、すべてのモノづくりが成り立っているのだと改めて実感です。

16回の閲覧

© 2017Madoka Oshikane